札幌駅前校 / 医学部プラス | 札幌市の大学受験予備校・学習塾なら学校法人クラズユニック

札幌駅前校 / 医学部プラスMEDICAL SCHOOL PLUS

現役で医学部合格
医学部プラスとは

医学部プラスは、現役で国公立大学医学部へ合格することを目的としたコースです。
国公立大医学部一般入試はいまだに難関です。
センター試験での高い完成度と共に、二次試験では大学ごとに特徴ある入試問題に対して、深い考察力と思考力が求められます。
1講座を5~10名程度の定員とし、二次学力養成に必要な「個別に手をかけた添削指導」を行います。

指導理念GUIDING PRINCIPLES

先取り学習

先取り学習を行うことで早期に基礎的な知識の完全な定着を図り、二次記述力を養成するための時間を確保する。

徹底した演習

学習内容の完成度を高めるために問題をその場で生徒に解かせることを主体とした、徹底した演習を行う。

不退転の覚悟

医学部進学へ不退転の覚悟を持つ。
学年で講座を分けるのではなく、最終的な志望大学合格から逆算した講座内容となる。

指導体制

医学部プラスは講義と演習を一体化して、学習内容の定着率を高めるカリキュラムとなっています。
授業をしっかりと受けていれば、成績が上がるはずと思うかもしれませんが、どんなに素晴らしい授業を受けても、それを消化して、完全に自分のものにする定着作業をしなければ得点には結びつきません。
医学部合格には「わかる」だけではなく、「できる」ことが必要です。医学部受験指導では、マスターさせるべき学習内容が決まっていますので、その一つひとつについて定着させることを本コースの指導目標としています。

当校では実際に生徒を医学部に合格させてきた一流の指導陣が指導に当たります。
生徒一人ひとりの履修状況を指導講師が把握し、なおかつ集団心理の働く学習環境を追求して、1クラスの定員は10名の少人数クラス指導にしております。

指導の特色

01/数学・英語・理科:医学部受験に特化した定員10名の少人数講座

02/二次試験に対する学力(記述力)養成のため、添削指導を含めて徹底指導

03/講座の進度・難易度についてこられない場合や、センター対策が必要な教科は、個人指導やWEB授業で補完できる体制を構築

指導カリキュラム

01医学部プラス英語60(文法と構文の完成)

対象学年不問

指導教員島田 育興

講義時間週1回(火曜日)80分指導

指導日数1学期12週間/夏期講習6日間/2学期12週間/冬期講習6日間/3学期8週間

概要長文読解に必要な高校文法の完成と、文法を利用した読解方法である構文解釈を指導します。
この講座の目標は、辞書を使ってではありますが、国立二次レベルの英文を正確に解釈できる力を身に付けさせることです。
通常授業では速読トレーニングは行わないので、特に速読力が不足している方には、夏期講習と冬期講習時の速読特講の受講を推奨します。
高校1年生の1月中旬に、センター試験で60%の得点率に到達させることが目標です。

02医学部プラス英語80(英作文と長文読解の完成)

対象学年不問

指導教員島田 育興

講義時間週1回(火曜日)80分指導

指導日数1学期12週間/夏期講習6日間/2学期12週間/冬期講習6日間/3学期8週間

概要「医学部プラス英語 文法と構文の完成」を終了したか、それと同等の英語力の下地のある方に対して、入試英作文の書き方と長文総合問題の解き方を指導します。
この講座の目標は、国立二次試験レベルの問題の合格答案の書き方を理解し、医学部以外の大学であれば辞書なしで、時間内に合格答案を完成させる力を身に付けさせることです。
高校2年生の1月中旬に、センター試験で80%の得点率、2月下旬には北海道大学の二次試験で60%の得点率に到達させることが目標です。

03医学部プラス英語完成(合格確実圏へのアプローチ)

対象センター試験75%程度、記述試験SS60程度の学力保有者(学年不問)

指導教員武田 秀久

講義時間週1回(木曜日)160分指導

指導日数前期12週間/夏期講習6日間/後期12週間/直前講習20日間

概要「医学部プラス英語 英作文と長文読解の完成」を終了したか、それと同等の英語力の下地のある生徒に対して、合格確実な解答作成の方法とテクニックを指導します。
問題演習⇒解説授業⇒添削という形態の指導であるため、効率的に解答作成力を高めることができます。北医・札医・旭医の過去問及び類題を演習問題として使用し、前期は解答作成の基本的な手順と各大学の入試問題の傾向と特色について説明します。
後期は合格点プラスの解答作成の指導と各生徒の特徴に合わせた対策を指導します。

04医学部プラス数学入門編

対象高校数学の学習を開始した方(学年不問)

指導教員柴田 孝人

講義時間週1回(金曜日)100分指導

指導日数1学期12週間/夏期6日間/2学期12週間/冬期6日間/3学期8週間

概要入門編では、数学IAIIBを1年間で一通り履修することが目標です。医学部入試数学における最重要課題である数学Ⅲの学習をできるだけ早く開始するためには、数学IAIIBを先取りで履修する必要があります。
高校3年生の春から、数学IIIの学習と並行して、本格的な入試問題への学習を始められれば、受験までの約10ヶ月を徹底した記述力演習に取り組むことが可能です。本コースでは、数学IAIIBについて、厳選した問題を中心に課題型授業形式で行なっていきます。

05医学部プラス数学完成

対象数学IAIIBを一通り学習した方(学年不問)

指導教員長木 謙司

講義時間週2回(月曜日・水曜日)各100分 計200分指導

指導日数前期12週間/夏期講習6日間/後期12週間/直前講習20日間

概要三大学(北海道大学・札幌医科大学・旭川医科大学)入試問題を中心に、課題演習型の添削指導で徹底した入試問題対策を行います。
これまでの出題傾向を研究し尽くした問題配列のプリント授業で、入試に向けて実践的な記述力を養成します。
前期は数学IAIIBについて北海道大学入試過去問題を中心に、後期は数学IIIについて三大学の入試過去問題を中心に記述指導を行います。

06医学部プラス理科(化学・生物・物理)

開始時期後期より開始

指導教員化学・物理:花岡 英司、石塚 喜啓/生物:花岡 英司、桑原 めぐみ

講義時間週1回(日曜日)90分指導

指導日数後期12週間/直前期20日間

概要北海道大学と札幌医科大学の入試問題を中心に、課題演習型の添削指導で徹底した入試問題対策を行います。

07補完指導

個人指導(1対1指導/英・数・国・理・地歴公民)

指導時間1回 60分指導

指導枠平日17:00から21:00まで、土曜日10:00から19:00まで

概要講座授業の補完指導が必要な教科や、センター試験対策が必要な教科に対して、「完全マンツーマン」で徹底した集中指導を行います。
指導する講師は専任の講師陣に加え、北大医学部生や札幌医大生が担当します。

WEB学習(英・数・国・理・地歴公民)

概要パソコンを用いて行う映像講義・演習講座です。
自分のペースで進度を調整できるため、地歴公民や理科の未習分野の速習に向いています。

指導カリキュラム

横にスライド出来ます。

科目

時間

英語

18:10~19:30

19:40~21:00

-

医学部プラス英語60

医学部プラス英語80

-

医学部プラス英語完成

医学部プラス英語完成

-

-

数学

18:10~19:00

19:10~20:00

医学部プラス数学完成

医学部プラス数学完成

-

医学部プラス数学完成

医学部プラス数学完成

-

医学部プラス数学入門編

医学部プラス数学入門編

-

理科

11:00~12:30

13:20~14:50

15:00~16:30

-

-

-

-

-

医学部プラス理科【生物】

医学部プラス理科【化学】

医学部プラス理科【物理】

※時間割は変更となる場合がございますので入学の際にご確認ください。

PAGE TOP