実践する所。」のページです" /> 実践する所。」のページです">

ここは、質の高い受験生活を実践する所。

1日10時間指導。通年授業数35週間。勉強は校舎内で完結。
定評あるクラズオリジナルの「生徒管理システム」と
自立的な学習を促し、時間管理術を指導する自己管理ノートの活用。
その時にベストを尽くすための生活管理から健康管理まで、
クラズで暮らす日々は、日常生活をより高める貴重な一年間です。

1日10時間指導

登校は9:00まで。下校は原則20:00以降。休憩を除く10時間は授業と自習、教員への質問タイムなど学びの時間です。リズムを崩さず、勉強の量と生活の質を高める。これが結果につながるのです。クラズに朝来て、夜帰る。1年間、クラズで暮らしてください。

通年授業数35週間(年間授業料分)

一般に多くの予備校では生徒への対応は大学生に準じていて、全て本人責任です。通年授業期間においても大学に類似しています。(下記参照) 通年指導期間からもわかるように、従来の予備校は大学受験ポイント指導が主体で、日常の基本学習は本人に任せているのです。クラズユニックは日常基本学習から受験学習までを丁寧に指導しているからこそ、通年授業数が1.5倍以上多いのです。

  前期 後期
従来の予備校 4月中旬~7月中旬の
11週間
9月上旬~12月上旬の
11週間
なし
クラズユニック 4月上旬~7月下旬の
14週間
8月下旬~12月上旬の
14週間
1月中旬~2月中旬の
5週間
2月下旬~3月上旬の
2週間

校舎内学習

空き時間は予習・復習など自学自習にあて、受験勉強のすべてを校舎内で済ませる。クラズは絶対学習量の大枠を決めます。これがクラズの指導方針です。一般的な予備校のように、授業時間に合わせて登校したり、授業後すぐに下校することはできません。受講前後の予習・復習こそ、学習効率が一番良いのです。結果を出す予備校の指導方針です。

時間管理

週に60時間勉強すると、4月からセンター試験まで約40週間ですから合計2,400時間ほど。これしか時間はありません。その限られた時間をいかに効率よく使うかで結果に違いが出るのです。志望大学合格のため、さらにその上、その先を目指すため絶対に必要な技術が「時間管理」です。定評ある当校オリジナルの「生徒管理システム」と「自己管理ノート」で懇切丁寧に指導します。

アイズシステム(生徒管理システム)

登校・下校の管理はもとより、種々の受講選択状況、学籍簿管理、家庭通信資料、学習記録など生徒一人ひとりを常に見つめる当校オリジナルプログラムシステムがアイズシステムです

保護者の不安も解消

1ヵ月に1度、保護者のもとに学習状況報告書が届きます。各講義の出席状況はもとより、登下校時刻、担任からのコメントなどが記載されています。我が子の状況を、ご家庭で常に把握することができます

麻生本校

〒001-0037 札幌市北区北37条西3丁目3番15号
TEL.011-716-7162

TOPへ